Corgiville Museum 紅木 美るのケネディ・コレクション

  • TOP
  • 館長ご挨拶
  • 館内ご案内
  • Museum Shop
  • BLOG

Corgiville Museum Blog

2019年6月アーカイブ

ピンクシルクのロングドレス

corgiville (2019年6月29日 07:22)

このロングドレスは、カナダ訪問の際のアメリカ大使館のディナーで着用したものです。

上品なピンクのシルクをふんだんに使い、裾は豪華な三段のフリル仕立てになっています。

甘くなりすぎないデザインはオレグ・カッシーニの真骨頂とも言えますし、ジャッキーのスタイルのテイストを決定づけているといえましょう。



dress10.JPG




"Mountie"Red Suit

corgiville (2019年6月29日 07:03)

"Mountie"はカナダの騎馬警官の意味。

このウールの赤いスーツはそのタイトルが示すように1961年のカナダ訪問の際にジャッキーが着用したものです。

カナダ訪問でジャッキーはカナダ国民に暖かく迎えられ、その後のファッションリーダーとしての確固たる一歩となりました。

共布のベレー帽も素敵です。






dress9.JPG




典型的なジャッキールック

corgiville (2019年6月29日 06:22)

こちらは、「Peach Day Dress」というタイトルがついていますが、桃色というよりはオレンジ色のワンピースで、1962年の妹リーとの旅行でインド訪問時に着用したものです。

ノースリーブでスカート部分はゆったりしたボックスプリーツが入っているこのスタイルは、「ジャッキールック」と称されて彼女のワードローブの定番となりました。

パールのイウヤリング、白い長手袋とスカーフ、ドレスと共布で作られたがま口型のクラッチバック、白いハイヒール、そしてサングラスまで。このセットは小物が充実しています。







dress7.JPG






Vive Jacqui!

corgiville (2019年6月29日 05:56)

ケネディが大統領になって間もなくパリを訪問した時のこと。

同伴した若いファーストレディーは瞬く間にパリの大衆をその虜にさせてしまいました。

ド・ゴール大統領もジャッキーを大変気に入り、彼女は夫の外遊の潤滑油の役割を見事に果たしたのです。

パリっ子たちは、口々に「Vive Jacqui!(ジャッキー、万歳!」の賛辞を送りました。

そんなパリ訪問時に着用した鮮やかな黄色のツーピースです。共布のピルボックスハット(ジャッキーのファッションのトレードマークになった頭にちょこんと乗せるスタイルの帽子)がより一層彼女を引きたてています。










dress6.JPG






メキシコ訪問時のスペシャルドレス

corgiville (2019年6月29日 05:34)

メキシコを訪問した時の晩餐会で、ジャッキーは「a specially created dress」に身を包んでいたとリーフレットには書いてありました。

上部はヴェネチアンブルーの袖なし、スカート部分は白いうろこ状のレース仕様で、脚に無駄な肉のないジャッキーに似合うひざ丈です。

ウエスト部分をマークするリボンベルト、フリンジ付きのショールで着こなしもぐっとアップされます。







dress5.JPG







イエローガウンアンサンブル

corgiville (2019年6月29日 05:15)

薄い黄色の直線的なシルエットで、身頃の部分にはゴールドの刺繍が施されています。

ストーンと直線的なシルエットはジャッキーのデザイナーだったオレグ・カッシーニが彼女のために多くデザインしたパターンだと思います。

付属小物も凝っていて、細かいパールが3本流れるように揺れるイヤリングは圧巻です。



dress4.JPG






ピンクドレスとマンティーヤ

corgiville (2019年6月29日 04:50)

ランクリン・ミント社のジャッキーのビニールドール用に作られたドレスは、さまざまなシーンで実際にジャッキーが着用したものを忠実に再現しています。

洋服ばかりでなく靴やバックなどの小物がまた魅力的です。

当ミュージアム所有のジャッキーのドレスを紹介していきたいと思います。

その第1弾は、「Pink Dress with Mantilla」。

Mantilla(マンティーヤ)とはメキシコやスペインで助成が頭から被る大きなスカーフのことで、ピンクのドレスはツーピーススタイルです。



1962年の3月に妹のリーとの旅行で着用したものです。








dress3.JPG





« 2019年3月 | メインページ | アーカイブ