Corgiville Museum 紅木 美るのケネディ・コレクション

  • TOP
  • 館長ご挨拶
  • 館内ご案内
  • Museum Shop
  • BLOG

Corgiville Museum Blog

ピンクシルクのロングドレス

corgiville (2019年6月29日 07:22)

このロングドレスは、カナダ訪問の際のアメリカ大使館のディナーで着用したものです。

上品なピンクのシルクをふんだんに使い、裾は豪華な三段のフリル仕立てになっています。

甘くなりすぎないデザインはオレグ・カッシーニの真骨頂とも言えますし、ジャッキーのスタイルのテイストを決定づけているといえましょう。



dress10.JPG




"Mountie"Red Suit

corgiville (2019年6月29日 07:03)

"Mountie"はカナダの騎馬警官の意味。

このウールの赤いスーツはそのタイトルが示すように1961年のカナダ訪問の際にジャッキーが着用したものです。

カナダ訪問でジャッキーはカナダ国民に暖かく迎えられ、その後のファッションリーダーとしての確固たる一歩となりました。

共布のベレー帽も素敵です。






dress9.JPG




典型的なジャッキールック

corgiville (2019年6月29日 06:22)

こちらは、「Peach Day Dress」というタイトルがついていますが、桃色というよりはオレンジ色のワンピースで、1962年の妹リーとの旅行でインド訪問時に着用したものです。

ノースリーブでスカート部分はゆったりしたボックスプリーツが入っているこのスタイルは、「ジャッキールック」と称されて彼女のワードローブの定番となりました。

パールのイウヤリング、白い長手袋とスカーフ、ドレスと共布で作られたがま口型のクラッチバック、白いハイヒール、そしてサングラスまで。このセットは小物が充実しています。







dress7.JPG






Vive Jacqui!

corgiville (2019年6月29日 05:56)

ケネディが大統領になって間もなくパリを訪問した時のこと。

同伴した若いファーストレディーは瞬く間にパリの大衆をその虜にさせてしまいました。

ド・ゴール大統領もジャッキーを大変気に入り、彼女は夫の外遊の潤滑油の役割を見事に果たしたのです。

パリっ子たちは、口々に「Vive Jacqui!(ジャッキー、万歳!」の賛辞を送りました。

そんなパリ訪問時に着用した鮮やかな黄色のツーピースです。共布のピルボックスハット(ジャッキーのファッションのトレードマークになった頭にちょこんと乗せるスタイルの帽子)がより一層彼女を引きたてています。










dress6.JPG






メキシコ訪問時のスペシャルドレス

corgiville (2019年6月29日 05:34)

メキシコを訪問した時の晩餐会で、ジャッキーは「a specially created dress」に身を包んでいたとリーフレットには書いてありました。

上部はヴェネチアンブルーの袖なし、スカート部分は白いうろこ状のレース仕様で、脚に無駄な肉のないジャッキーに似合うひざ丈です。

ウエスト部分をマークするリボンベルト、フリンジ付きのショールで着こなしもぐっとアップされます。







dress5.JPG







イエローガウンアンサンブル

corgiville (2019年6月29日 05:15)

薄い黄色の直線的なシルエットで、身頃の部分にはゴールドの刺繍が施されています。

ストーンと直線的なシルエットはジャッキーのデザイナーだったオレグ・カッシーニが彼女のために多くデザインしたパターンだと思います。

付属小物も凝っていて、細かいパールが3本流れるように揺れるイヤリングは圧巻です。



dress4.JPG






ピンクドレスとマンティーヤ

corgiville (2019年6月29日 04:50)

ランクリン・ミント社のジャッキーのビニールドール用に作られたドレスは、さまざまなシーンで実際にジャッキーが着用したものを忠実に再現しています。

洋服ばかりでなく靴やバックなどの小物がまた魅力的です。

当ミュージアム所有のジャッキーのドレスを紹介していきたいと思います。

その第1弾は、「Pink Dress with Mantilla」。

Mantilla(マンティーヤ)とはメキシコやスペインで助成が頭から被る大きなスカーフのことで、ピンクのドレスはツーピーススタイルです。



1962年の3月に妹のリーとの旅行で着用したものです。








dress3.JPG





学年誌の中のケネディ

corgiville (2019年3月 2日 06:54)

久しぶりに新宿の紀伊国屋書店に行ったら雑誌コーナーでこんな本をみつけました。




IMG_3296.JPG

学年誌とは小学館から発行されている「小学〇年生」という学習雑誌のこと。
私も子供の頃、小学〇年生をとってもらっていて、近所の本屋のおじさんが発売日になると自転車で配達してくれていました。

その日が待ち遠しくて発売日は遊びにも出かけず、「まだかな まだかな」と本屋のおじさんのニット帽(冬場だけだったとは思いますが)が見えるのを待ったものです。

このムックは、昭和30年代の小学〇年生に掲載された記事を
特集  東京オリンピック
第1章  重大ニュース
第2章  進歩と未来
第3章  芸能・スポーツ
第4章  流行・文化
に分けて特集し、当時の写真満載の楽しい1冊に仕上がっています。

当時の人気の付録だった組み立て式東京タワーもついています。

しかし、私にとって購入の決め手になったのは、やはりこのページです。


IMG_3298.JPG

昭和38年の重大ニュースとして「ケネディ大統領暗殺」が取り上げられています。
五年生、六年生と高学年の雑誌ではありますが、それだけ全世界にとってショッキングな出来事だったかをうかがい知ることができます。





  


ペーパーウエイト

corgiville (2019年1月20日 04:48)

入荷情報です。


十年越しで手に入れたいと思っていたジャックとジャッキーのツーショットの浮彫が嵌め込まれたペーパーウエイトです。


IMG_3193.JPG

少し劣化しているとはいえ箱も残っていて、中には証明書が入っています。そこには2000個の限定商品でシリアルナンバー「645」と記されています。手に乗せるとズッシリと重さがあり、グリーンの台座に白く浮き上がった二人の面影が素敵です。


IMG_0566.JPG







アトランティックシティの

corgiville (2018年12月19日 00:06)

世界中のケネディにちなんだ場所やモニュメントを訪れたい、見たいという願望はいつも持っていますが、私個人でやれることには当然限界があります。


そこで、特派員だよりです。
今回はニューヨークからバスで2時間、その名の通り大西洋に面した街、アトランティックシティの「ケネディ」です。


アトランティックシティ JFK.JPG
アトランティックシティは、カジノの町として有名ですが、現在では廃れた印象が大きいそうです。